ヨガと瞑想を実践する場所, Jukut Paku Cliff Temple

ヨガと瞑想を実践する場所, Jukut Paku Cliff Temple

Gianyar – もしもっと時間があれば、来て、Jukut Paku Cliff Templeに祈り、文化遺産に指定されました。 Jukut Pakuハムレット、Singakerta、Ubud、Gianyar、またはデンパサール市内から車で約35分です。ヨガや瞑想の場として選ばれる人もいます。 この場所は急斜面です。崖の寺院は古代遺跡としてバリ遺跡保存サービスによって保護されています。村の道路から、ハムレットホールの隣のコンクリート道路をWos Riverに向かって進みます。次に、崖の寺院の場所に達するまで階段を下ります。 テンプルエリアはとても清潔で美しく、涼しい雰囲気を提供しています。当然のことながら、この文化遺産地域は観光客や精神的な観光活動によってしばしば使用されます。 Wos川周辺では、大小の地元の木々が生えているため、落ち着いた雰囲気になっていますの彫刻が施された崖の地域では、Jukut Paku Cliff Templeと呼ばれる寺院がありました。その高さは3メートル未満ですが、建物の種類はGunung Kawiにある寺院ほど重要ではありません. 一方、寺院の左右には瞑想の場のように(洞窟のような)隙間があります。寺院の右側には清潔で清潔な水があるシャワーがあり、左側には供物を置く場所があります。 Wos Riverにはわずかに大きな河川があり、川の小道に沿って意図的に訪問者のために清掃されています。 地元住民によると、Jukut Paku Templeは救済を求めるために「Jukut Paku Cliff Templeに住んでいる神々」です。 Jukut Paku Templeは依然として地域社会にとって宗教的価値がある場所と見なされています。この寺院はまた、Jukut Pakuハムレットのペナタラン寺院のpiodalanと共に、Anggara Kasih Medangsiaで一連のpiodalanまたは寺院落下フェスティバルがあります。 寺院の祭りでは、人々は聖、絞り、daksina、荘厳、pengambean、そしてsesantunの形で供物を置くでしょう。神々の崇拝、Jukut Paku Templeの建設は、先祖の霊が彼らの女神と融合した場所です。(BTN/015)

日本領事館訪問バリテレビ

日本領事館訪問バリテレビ

バリ、NTT、NTB、千葉弘久のモーニングチューンズについて、日本のウィンドコンサルティングが訪れる 16年後のインドネシアのバリコミュニティとの友好関係を築くために、日本のより高いオフィスとしての訪問は、インドネシアのままです。

ポンドックエーデルワイスでの休暇をお楽しみください

ポンドックエーデルワイスでの休暇をお楽しみください

Amlapura – KarangasemのRendangのBesakih村のTemukus HamletにあるEdelweis Pondok観光物は、コミュニティによって知られるようになりました。 1年前にオープンした後、自然の美しさを提供するアトラクションは混雑し始めました。 カランガセムの住民だけでなく、地域外の住民もこれらのアトラクションを訪れ始めました。訪問数を増やすために、マネージャはそれがより美しくそして魅力的に見えるように手配を続けます。 ポンドック・エーデルワイス観光局の研究開発分野であるI Nengah Suecaは、1年前にオープンして以来、訪れた訪問者が増加したことを明らかにしました。彼は言った、来た訪問者の平均数は100人の訪問者に達しました。 スエカはさらに、ポンドックエーデルワイスはアグン山、丘陵地、エーデルワイス庭園、マリーゴールド庭園の自然のパノラマの美しさを提供しています。ミレニアル世代の魅力であるホワイトバレーエタニティもあります。同氏は、「観光客を増やして観光客の数を増やすために、現在も観光客の手配を続けている。現在でも、メインガーデンエリアの開発や料理エリアの構築など、スポットセルフを追加している」と述べた。 彼はさらに、将来的には経営陣が複数の観光関係者と協力するであろうと述べた。さらに、他の観光客とは異なる魅力を持つように、常に地元の知恵に基づいて観光客を育成します。 (エカパラナンダ/バリポスト)

Pancaseming JRクリフのSelfie

Pancaseming JRクリフのSelfie

Negara – Selfieのための別の新しいプラットフォームが作成されました。 JembranaのBatuagungのPancaseming集落に位置し、先月からJembranaで人気の観光スポットの1つになりました。実際には、フレンドリーな人々とのこの森に近い集落は、かなりの自然の美しさを持っています。ニックネーム「JR」が付いている崖の上は丘からの景色を眺めることができるスポットの1つになります。ユニークに、この場所は村の若い人たちがソーシャルメディアに写真をアップロードした後に広く知られるようになります。口コミで宣伝を受けた後、JRの丘は人々をその場所に訪問させることができます。 この条件は、主に不動産農家からなる周辺の若者たちによって機会にされています。駐車場とその周辺の飲み物を売るためだけのものです。それは独立して管理されていますが、それは昨年2月に4,000人の訪問者を集めることができました。彼らはジェンブラナの住民だけでなく、特に週末は町の外から来た人でもあります。 JR崖は広大な海から高さまでネガラの町の様々な風景のパノラマを提供します。天気があまり暑くないので、JRの崖を訪問するのに最適な時期は午後遅くです。場所に到達するための険しい地形は、崖の上の景色を眺めることができます。地元住民は、訪問者が高さから見ることができるように登ることができる天然素材で作られたプラットフォームを提供します。同様に、訪問者が高さからネガラの町の景色を見ることを可能にする木の家があります。 パンカセミングの集会所長であるアイダ・バグス・アルタワンさん(34歳)は、JRの名前は10代の出会いを待っているBudi Sastraの慣習的なユースクラブによって最初に紹介されたと言いました(jumpa remaja)。この場所が若者の集会所としてよく使われるという事実に触発されました。 1月上旬にオープンして以来、場所も町の中心部から非常に近いか約7 km離れていることを考えると、多くの旅行者が訪れています。訪問者は、新しく建てられた木の家のような様々な施設を改善し、そして頂上への道に沿ってすべての植物を美しくするために使われる自発的な寄付だけで請求されます。 「管理を改善するために、我々は既存の施設がまだ恒久的なものではなく、自己資金調達のみに頼っていることを考慮して、既存の施設を修復するための支援があることを願っています。さらに、訪問者が通り抜けることができるように道路アクセスはまだ不十分です」とArtawanは言いました。 彼はまた、物理的な開発支援に加えて、コミュニティのエンパワーメントという形での支援を望んでいました。このように、人々は将来的にそのような廃棄物管理、外国語のスキルなどの魅力の管理についての知識も持つでしょう。 Jembranaからの訪問者に加えて、GianyarやBadungのような地区外からの訪問者もいます。 「彼らはソーシャルメディアから情報を入手すると主張した」と彼は言った。 訪問者が記入したログブックから、訪問は先月4,000人に達しました。パンカミングはBatuagung村の最北端にある集落の1つです。 JRヒルに加えて、Batuagungはまた、インディペンデンスバレー記念公園などの史跡の数を持っています。どちらも壮観で手付かずの景色を眺めることができます。 (BTN/kmb)

注目のポスト Featured Post

ポンドックエーデルワイスでの休暇をお楽しみください

Amlapura – KarangasemのRendangのBesakih村のTemukus HamletにあるEdelweis Pondok観光物は、コミュニティによって知られるようになりました。 1年前にオープンした後、自然の美しさを提供するアトラクションは混雑し始めました。 カランガセムの住民だけでなく、地域外の住民もこれらのアトラクションを訪れ始めました。訪問数を増やすために、マネージャはそれがより美しくそして魅力的に見えるように手配を続けます。 ポンドック・エーデルワイス観光局の研究開発分野であるI Nengah Suecaは、1年前にオープンして以来、訪れた訪問者が増加したことを明らかにしました。彼は言った、来た訪問者の平均数は100人の訪問者に達しました。 スエカはさらに、ポンドックエーデルワイスはアグン山、丘陵地、エーデルワイス庭園、マリーゴールド庭園の自然のパノラマの美しさを提供しています。ミレニアル世代の魅力であるホワイトバレーエタニティもあります。同氏は、「観光客を増やして観光客の数を増やすために、現在も観光客の手配を続けている。現在でも、メインガーデンエリアの開発や料理エリアの構築など、スポットセルフを追加している」と述べた。 彼はさらに、将来的には経営陣が複数の観光関係者と協力するであろうと述べた。さらに、他の観光客とは異なる魅力を持つように、常に地元の知恵に基づいて観光客を育成します。 (エカパラナンダ/バリポスト)

Pancaseming JRクリフのSelfie

Negara – Selfieのための別の新しいプラットフォームが作成されました。 JembranaのBatuagungのPancaseming集落に位置し、先月からJembranaで人気の観光スポットの1つになりました。実際には、フレンドリーな人々とのこの森に近い集落は、かなりの自然の美しさを持っています。ニックネーム「JR」が付いている崖の上は丘からの景色を眺めることができるスポットの1つになります。ユニークに、この場所は村の若い人たちがソーシャルメディアに写真をアップロードした後に広く知られるようになります。口コミで宣伝を受けた後、JRの丘は人々をその場所に訪問させることができます。 この条件は、主に不動産農家からなる周辺の若者たちによって機会にされています。駐車場とその周辺の飲み物を売るためだけのものです。それは独立して管理されていますが、それは昨年2月に4,000人の訪問者を集めることができました。彼らはジェンブラナの住民だけでなく、特に週末は町の外から来た人でもあります。 JR崖は広大な海から高さまでネガラの町の様々な風景のパノラマを提供します。天気があまり暑くないので、JRの崖を訪問するのに最適な時期は午後遅くです。場所に到達するための険しい地形は、崖の上の景色を眺めることができます。地元住民は、訪問者が高さから見ることができるように登ることができる天然素材で作られたプラットフォームを提供します。同様に、訪問者が高さからネガラの町の景色を見ることを可能にする木の家があります。 パンカセミングの集会所長であるアイダ・バグス・アルタワンさん(34歳)は、JRの名前は10代の出会いを待っているBudi Sastraの慣習的なユースクラブによって最初に紹介されたと言いました(jumpa remaja)。この場所が若者の集会所としてよく使われるという事実に触発されました。 1月上旬にオープンして以来、場所も町の中心部から非常に近いか約7 km離れていることを考えると、多くの旅行者が訪れています。訪問者は、新しく建てられた木の家のような様々な施設を改善し、そして頂上への道に沿ってすべての植物を美しくするために使われる自発的な寄付だけで請求されます。 「管理を改善するために、我々は既存の施設がまだ恒久的なものではなく、自己資金調達のみに頼っていることを考慮して、既存の施設を修復するための支援があることを願っています。さらに、訪問者が通り抜けることができるように道路アクセスはまだ不十分です」とArtawanは言いました。 彼はまた、物理的な開発支援に加えて、コミュニティのエンパワーメントという形での支援を望んでいました。このように、人々は将来的にそのような廃棄物管理、外国語のスキルなどの魅力の管理についての知識も持つでしょう。 Jembranaからの訪問者に加えて、GianyarやBadungのような地区外からの訪問者もいます。 「彼らはソーシャルメディアから情報を入手すると主張した」と彼は言った。 訪問者が記入したログブックから、訪問は先月4,000人に達しました。パンカミングはBatuagung村の最北端にある集落の1つです。 JRヒルに加えて、Batuagungはまた、インディペンデンスバレー記念公園などの史跡の数を持っています。どちらも壮観で手付かずの景色を眺めることができます。 (BTN/kmb)

ペダワ村のホビットハウス、「ロード・オブ・ザ・リング」映画のようなセンセーションを提供

Singaraja – Banjar地区のBulelengにあるPedawa村は、コーヒー生産地としてもユニークな伝統の持ち主としても知られているだけではありません。しかし、バリアガまたは古代の村に属するこの村にもホビットハウスの形で観光名所があります。数か月前にオープンしたばかりですが、観光客の到着は非常に混雑しています。それでは、この村は訪問者にどんなユニークさを提供できるでしょうか。 小さな家はユニークなデザインです。使用されている材料はコンクリートではありませんが、コーヒーの幹、竹、木の根、使用済みの缶詰、そしてヤシの実の小枝です。それは自然な印象、芸術的なニュアンスと古典的な外観をしみ出させることができます。最近、創始者のKetut Sudi Harta氏は、「すべての素材は使用されなくなり、芸術的価値が生まれます」と述べています。 その制作は、ホビットと呼ばれる小さくて短いキャラクターについて語る「ロード・オブ・ザ・リング」映画に触発されました。彼の体は短いので、それから建てられた家も非常に小さいです。 「私は映画を見るのが好きです。私はHobbitが不足している人ではなく、いくつかの利点があると思います。当初、それは私の貯水池を覆っていただけであり、実際その中には何もない」と彼は言った。 その後、彼の作品は徐々に一般の人々、特に若い世代に知られるようになりました。人々の訪問は彼らのソーシャルメディアにアップロードされるためにselfieを取ることを伴います。それ以来、バリで最初に主張された家は地元と外国人の両方の観光客の訪問のターゲットになっています。写真を撮るためだけでなく、彼らはシュガーパームとsengait軽食と共に美しい自然に加えてPedawaの典型的なコーヒーによって提供されるクールな自然を楽しむ。 「ここに来る訪問者は非常に驚いています」と彼は言いました。 早い出現で、クローブ農園とドリアン果樹園の真ん中にある家に入ってくる訪問者は起訴されませんでした。しかし、駐車場の手配のように、管理には村の地元の若者が関わるため、ついに彼は1人当たり10,000ルピアの料金を請求します。 「この量で、訪問者は自分で自由に自分撮りをすることができ、間接的にこのアトラクションも周囲の住人に力を与えます」と3人の子供の男性が言いました。 Pedawaの村が観光村としての地位を持っていることを考慮して、0.41ヘクタールの土地に設立された家は、宿泊施設、Pedawaの伝統的な食べ物を提供することによる食料供給口、伝統的な現代のコーヒー焙煎場所を備えている予定です。 「かなりの資本が必要なので、徐々に発展していきます。最も重要なことに、PedawaはBali Agaの目的地として知られることができます」と彼は結論付けました。 (kmb/BTN)

限定動画 Exclusive Videos

News
日本領事館がナルヒトの戴冠式を祝福する機会を人々に提供します

日本領事館がナルヒトの戴冠式を祝福する機会を人々に提供します

2019年5月1日、新しい日本皇帝ナルヒトが正式に彼の父親、アキヒトの代わりに王位を獲得した。 ナルヒトの戴冠式と「レイワ」帝国時代の始まりを連ねた、デンパサールの日本総領事館は、より広い地域社会が彼の名前とサインをお祝いの本に載せることによって彼を祝福する機会を開きました。

ヨガと瞑想を実践する場所, Jukut Paku Cliff Temple
アートワークショップ
日本領事館訪問バリテレビ

フォローする Follow Us

Karangasem

ポンドックエーデルワイスでの休暇をお楽しみください

Amlapura – KarangasemのRendangのBesakih村のTemukus…