About

Ketut Nadha
 バリの新聞記事掲載balinihon.comバリポストは、1948年8月16日にクトゥッツ・ナダ氏によって「Suara Indonesia スアラ・インドネシア (インドネシアの声)」という新聞社で設立されました。たくさんの仲間の応援のもと、インドネシアの独立のために存在した新聞社でした。クトゥッツ・ナダ氏は17歳の時に日本人が経営した「バリ新聞」という新聞社で1943年から1945年まで貴社として働きました。1945年に戦争に負けて「バリ新聞」をやめたが、「バリ新聞」はインドネシアの独立を守ろうという気持ちで新聞社を立ち上げました。「Suara Indonesia スアラ・インドネシア (インドネシアの声)」新聞はハンド・セット法で印刷されました。18歳の時、新聞名をバリ版の「Suluh Indonesia」を変えました。1年経っていないうちに、新聞名をバリ版の「Suluh Marhaen」に変えました。1973年に「バリポスト」にまた変えて、現在に至って変わりません。現在クトゥッツ・ナダ氏の息子のサトリア・ナラダ氏が受け継いでおり、バリと日本関係を主に取り上げる日本語版の新聞を「www.balinihon.com」2019年6月29日から発足する予定です。