1. Home
  2. Art and Culture

Kategori: Art and Culture

    Art and Culture
    60年間のインドネシアと日本の友情

    60年間のインドネシアと日本の友情

    PASEMETONAN DENPASAR FUKUOKA、60人のインドネシア日本友好会のお祝いをデンパサールで開催。 このセレブレーションを通じて、日本とインドネシアは、特定のバリで、すべての卓越性と損失の損失を完全に満たし、交換することが期待されています。

    Art and Culture
    学園マタケン、バリと日本の関係を強化

    学園マタケン、バリと日本の関係を強化

    1970年代以降に立てられた、畑田雅子の財団。日本から2人の職業人が訪れました。 そのような機会の中で、千葉裕久の日本領事館がそのような財団を訪問します。 機会の機会と日本のコンサルタントは、日本語の学習プロセスを見てください。

    Art and Culture
    日本の文化を知る

    日本の文化を知る

    バリのように、日本にも独特の文化があります。 日本の文化を紹介するために、デンパサールの日本総領事館と日本バリ協会(Bali Japan Club)が、第24回日本のお祭り、お盆を開催しました。 このフェスティバルは、60年に及ぶ日印の外交関係の祭典の前に行われました。

    Art and Culture
    響く沖縄三線の音色 − 2019年バリ芸術祭

    響く沖縄三線の音色 − 2019年バリ芸術祭

    Denpasar – 6月20日、13人の女性が色鮮やかな着物をまとい、アートセンターのアヨーディア・ステージに立った。2人の男性は無地の紺色の着物を身に付けている。彼らは東京下町入谷・沖縄三線教室に所属する三線の演奏者である。 ゆっくりと全ての演奏者がそれぞれ三線を手にし、今回で41回目となるバリ芸術祭にて大勢の観客を前に民謡を披露した。三線は沖縄の弦楽器であるが、その起源は中国の三弦とされ、16世紀頃に日本の南西諸島に伝わったと言われる。この楽器には3本の弦があり、胴に張られているのは蛇皮である。三線の演奏家たちは直接弦を弾くのではなく、人差し指の先に付けたバチを使う。 弾かれる弦とともに、「繁昌節」や「豊節」、「十九の春」といった伝統曲の美しい音色が響き渡った。日本の伝統音楽を伝える三線であるが、現代音楽とも幅広く共演し、話題となっている。このバリ芸術祭の舞台では、東京下町入谷・沖縄三線教室の演奏者が、デンパサールのスニ・クンバン・ワル楽団と共演した。 「あがろーざ節」は、リンディックと呼ばれる竹製のガムランとの合奏で表現され、続いて「浜千鳥」は、竹笛とルバブと呼ばれる二弦の擦弦楽器との合奏にて、そして「月ぬ美しゃ」は鍵盤楽器であるグンデル・ランバットと合わせつつ演奏された。「安里屋ユンタ」と「新デンサー節」は、古楽に属するガムラン・スマル・プグリンガンとの合奏で披露された。 芸術祭では18ほどの楽曲が演奏され、聴衆を魅了した。そのなかでも「加那ヨー節」は故イ・クトゥッ・スウェントラ氏へ哀悼の意を表して演奏された。数年前にジェゴグ(大型竹ガムラン)との共演案が持ち上がったものの、残念ながらスウェントラ氏が神に召されたため実現することはなかった。この曲は、教室の講師である古里友香氏によって歌われた。 芸術祭開演の際には、日本の総領事より歓迎の挨拶が述べられた。バリと同様に、沖縄にもまた美しい自然と独特の芸能文化が残されている。東京下町入谷・沖縄三線教室の一行は、伝統音楽や唄といった沖縄の文化や芸能を積極的に紹介している。その活動は日本国内に止まらず、世界で展開されている。三線とバリのガムランの共演には、日本社会とバリをはじめとするインドネシア社会の相互理解を深め、友好関係をより強固なものにすることが期待されている。 スニ・クンバン・ワル楽団代表のイ・クトゥッ・ラディタ氏は、三線とバリのガムランの異なる特徴について述べた。第一にテンポが異なり、バリの音楽はより力強さをもつ。その一方で、日本の音楽はフラットである。しかし、これは問題ではなく、訓練によって調整できるとした。 ラディタ氏によれば、研修は3ヶ月に及ぶという。芸術祭が終わった後も楽団ではバリの芸能や文化を学ぼうとする日本人を受け入れている。家庭や職があるのかは不明だが、バリに住む日本人が空き時間を利用し、練習するのだという。 その最小限の機能を評価し、彼らの多くがリンディックやグンデル・ワヤンを好んで演奏する。ここで学ぶ生徒もまた東京下町入谷・沖縄三線教室とスニ・クンバン・ワル楽団との共演に参加した。(リンドラ・デヴィタ/バリ・ポスト)

    Art and Culture
    よさこいとバリ舞踊のコラボレーションパフォーマン

    よさこいとバリ舞踊のコラボレーションパフォーマン

    Denpasar – スが活発化 それは創造的で革新に満ちています。国際交流基金の優秀な青少年の支援を受けたさくら囲いプロジェクトは、バリ芸術祭(41st PKB)において非常に素晴らしいものです。ショーが始まるずっと前に、舞台芸術のための場所としてのKsirarnawa建物は熱心な聴衆によって完全に満たされました。 座席に着かなかった多くの観客は、ショーの終わりまで喜んで立っていなければなりません。 よさこいおどりは、通常日本の夏祭りで行われるマスダンスです。色とりどりの浴衣姿で和服を着ている子供たちの支援です。 ダンス振付家アナクAgung Gde Tugus Adi Iswara Manderaによって言われるように。 彼は2019年のPKBで、提供されたよさこいダンスは実際にはよさこいのダンスとは少し異なると述べた。 Tugusが取り組んだバリのダンスブレスがあります。 目的は調和のとれたコラボレーションを作成することです。 ngayahの概念の類似性は神と祖先への誠実な供物として解釈されます、それは2つの異なるタイプの踊りをまとめるための基礎です。 よさこいの踊りは3回に分けられます。 1つ目はDewa Windのアクション、2つ目はLightning(Kaminari)の神の魅力、そして3つ目はDewi Sunの魅力です。 3つのアトラクションには魅力があります。最初のWind GodはSMAN 1 UbudのAlunan Angin、State PolytechnicのタイトルはIrama Angin、そしてSMAN 8 DenpasarはSemilir Bumi Bumiという名前のサブトラクションです。 Dewa Petir(Kaminari)へのオファーの2番目の魅力は、Rumble ThunderのあるSaraswati…