1. Home
  2. Karangasem

Kategori: News

    Karangasem
    ポンドックエーデルワイスでの休暇をお楽しみください

    ポンドックエーデルワイスでの休暇をお楽しみください

    Amlapura – KarangasemのRendangのBesakih村のTemukus HamletにあるEdelweis Pondok観光物は、コミュニティによって知られるようになりました。 1年前にオープンした後、自然の美しさを提供するアトラクションは混雑し始めました。 カランガセムの住民だけでなく、地域外の住民もこれらのアトラクションを訪れ始めました。訪問数を増やすために、マネージャはそれがより美しくそして魅力的に見えるように手配を続けます。 ポンドック・エーデルワイス観光局の研究開発分野であるI Nengah Suecaは、1年前にオープンして以来、訪れた訪問者が増加したことを明らかにしました。彼は言った、来た訪問者の平均数は100人の訪問者に達しました。 スエカはさらに、ポンドックエーデルワイスはアグン山、丘陵地、エーデルワイス庭園、マリーゴールド庭園の自然のパノラマの美しさを提供しています。ミレニアル世代の魅力であるホワイトバレーエタニティもあります。同氏は、「観光客を増やして観光客の数を増やすために、現在も観光客の手配を続けている。現在でも、メインガーデンエリアの開発や料理エリアの構築など、スポットセルフを追加している」と述べた。 彼はさらに、将来的には経営陣が複数の観光関係者と協力するであろうと述べた。さらに、他の観光客とは異なる魅力を持つように、常に地元の知恵に基づいて観光客を育成します。 (エカパラナンダ/バリポスト)

    Activities
    Pancaseming JRクリフのSelfie

    Pancaseming JRクリフのSelfie

    Negara – Selfieのための別の新しいプラットフォームが作成されました。 JembranaのBatuagungのPancaseming集落に位置し、先月からJembranaで人気の観光スポットの1つになりました。実際には、フレンドリーな人々とのこの森に近い集落は、かなりの自然の美しさを持っています。ニックネーム「JR」が付いている崖の上は丘からの景色を眺めることができるスポットの1つになります。ユニークに、この場所は村の若い人たちがソーシャルメディアに写真をアップロードした後に広く知られるようになります。口コミで宣伝を受けた後、JRの丘は人々をその場所に訪問させることができます。 この条件は、主に不動産農家からなる周辺の若者たちによって機会にされています。駐車場とその周辺の飲み物を売るためだけのものです。それは独立して管理されていますが、それは昨年2月に4,000人の訪問者を集めることができました。彼らはジェンブラナの住民だけでなく、特に週末は町の外から来た人でもあります。 JR崖は広大な海から高さまでネガラの町の様々な風景のパノラマを提供します。天気があまり暑くないので、JRの崖を訪問するのに最適な時期は午後遅くです。場所に到達するための険しい地形は、崖の上の景色を眺めることができます。地元住民は、訪問者が高さから見ることができるように登ることができる天然素材で作られたプラットフォームを提供します。同様に、訪問者が高さからネガラの町の景色を見ることを可能にする木の家があります。 パンカセミングの集会所長であるアイダ・バグス・アルタワンさん(34歳)は、JRの名前は10代の出会いを待っているBudi Sastraの慣習的なユースクラブによって最初に紹介されたと言いました(jumpa remaja)。この場所が若者の集会所としてよく使われるという事実に触発されました。 1月上旬にオープンして以来、場所も町の中心部から非常に近いか約7 km離れていることを考えると、多くの旅行者が訪れています。訪問者は、新しく建てられた木の家のような様々な施設を改善し、そして頂上への道に沿ってすべての植物を美しくするために使われる自発的な寄付だけで請求されます。 「管理を改善するために、我々は既存の施設がまだ恒久的なものではなく、自己資金調達のみに頼っていることを考慮して、既存の施設を修復するための支援があることを願っています。さらに、訪問者が通り抜けることができるように道路アクセスはまだ不十分です」とArtawanは言いました。 彼はまた、物理的な開発支援に加えて、コミュニティのエンパワーメントという形での支援を望んでいました。このように、人々は将来的にそのような廃棄物管理、外国語のスキルなどの魅力の管理についての知識も持つでしょう。 Jembranaからの訪問者に加えて、GianyarやBadungのような地区外からの訪問者もいます。 「彼らはソーシャルメディアから情報を入手すると主張した」と彼は言った。 訪問者が記入したログブックから、訪問は先月4,000人に達しました。パンカミングはBatuagung村の最北端にある集落の1つです。 JRヒルに加えて、Batuagungはまた、インディペンデンスバレー記念公園などの史跡の数を持っています。どちらも壮観で手付かずの景色を眺めることができます。 (BTN/kmb)

    Buleleng
    ペダワ村のホビットハウス、「ロード・オブ・ザ・リング」映画のようなセンセーションを提供

    ペダワ村のホビットハウス、「ロード・オブ・ザ・リング」映画のようなセンセーションを提供

    Singaraja – Banjar地区のBulelengにあるPedawa村は、コーヒー生産地としてもユニークな伝統の持ち主としても知られているだけではありません。しかし、バリアガまたは古代の村に属するこの村にもホビットハウスの形で観光名所があります。数か月前にオープンしたばかりですが、観光客の到着は非常に混雑しています。それでは、この村は訪問者にどんなユニークさを提供できるでしょうか。 小さな家はユニークなデザインです。使用されている材料はコンクリートではありませんが、コーヒーの幹、竹、木の根、使用済みの缶詰、そしてヤシの実の小枝です。それは自然な印象、芸術的なニュアンスと古典的な外観をしみ出させることができます。最近、創始者のKetut Sudi Harta氏は、「すべての素材は使用されなくなり、芸術的価値が生まれます」と述べています。 その制作は、ホビットと呼ばれる小さくて短いキャラクターについて語る「ロード・オブ・ザ・リング」映画に触発されました。彼の体は短いので、それから建てられた家も非常に小さいです。 「私は映画を見るのが好きです。私はHobbitが不足している人ではなく、いくつかの利点があると思います。当初、それは私の貯水池を覆っていただけであり、実際その中には何もない」と彼は言った。 その後、彼の作品は徐々に一般の人々、特に若い世代に知られるようになりました。人々の訪問は彼らのソーシャルメディアにアップロードされるためにselfieを取ることを伴います。それ以来、バリで最初に主張された家は地元と外国人の両方の観光客の訪問のターゲットになっています。写真を撮るためだけでなく、彼らはシュガーパームとsengait軽食と共に美しい自然に加えてPedawaの典型的なコーヒーによって提供されるクールな自然を楽しむ。 「ここに来る訪問者は非常に驚いています」と彼は言いました。 早い出現で、クローブ農園とドリアン果樹園の真ん中にある家に入ってくる訪問者は起訴されませんでした。しかし、駐車場の手配のように、管理には村の地元の若者が関わるため、ついに彼は1人当たり10,000ルピアの料金を請求します。 「この量で、訪問者は自分で自由に自分撮りをすることができ、間接的にこのアトラクションも周囲の住人に力を与えます」と3人の子供の男性が言いました。 Pedawaの村が観光村としての地位を持っていることを考慮して、0.41ヘクタールの土地に設立された家は、宿泊施設、Pedawaの伝統的な食べ物を提供することによる食料供給口、伝統的な現代のコーヒー焙煎場所を備えている予定です。 「かなりの資本が必要なので、徐々に発展していきます。最も重要なことに、PedawaはBali Agaの目的地として知られることができます」と彼は結論付けました。 (kmb/BTN)

    Bangli
    観光スポット、BangliのAmpupu Kembar

    観光スポット、BangliのAmpupu Kembar

    Bangli – Bangli地区の新しい観光地は出現し続けています。そのうちの一つは、Ampupu Kembar(ツインユーカリ)の観光名所です。このオブジェクトは今selfieかキャンプをするだけで訪問者から愛されています。実際、過去にはこの地域はスラム街に見えました。 Ampupu Kembarへのアクセスはとても簡単です。それはKintamaniのToya Bungkahに向かうJati Templeの主要道路側に位置しています。名前が示すように、この観光地には互いに対面して成長している多くのampupuまたはユーカリの木があります。一方、真ん中にはバトゥール湖への道が広がっています。途中、たくさんのカラフルな竹製の汽船が吊り下げられています。いくつかの美しく現代的な写真スポットやリラックスするためのブランコもあります。 Ampupu Kembar観光意識向上グループ(Pokdarwis)のチーフ、Jero Gede Kasumaは、最近Ampupu Kembarが2017年12月3日にオープンしたと説明しました。彼らは主に地元の観光客です。乾季の間、Ampupu Kembarへの平均訪問は1日30人に達します。訪問数は通常、週末や休日に増加します。 この観光名所には、湖畔で自分撮りをする場所、釣り場、キャンプ場の3つのタイプのアトラクションがあります。 Jero Kasumaは、レクリエーションサイトになる前は、最初は茂みでいっぱいの普通のユーカリの森であると説明しました。森林は、天然資源保護局(BKSDA)が所有するマウントバトゥールブキットパヤン自然観光公園(TWA)エリアにあります。バリもゴミでいっぱいだったのでスラム街でした。 周囲のコミュニティが観光に不慣れであることを巻き込むことによって、彼はそれから度によって森林を手配しようとしました。それに沿って、Pokdarwisはユーカリの森を観光地に共同で管理するために結成されました。 約21ヘクタールの面積をカバーするユーカリの森を管理するために、PokdarwisはBKSDAから許可を受けました。 「BKSDAからは、森林を破壊しない限り森林地域が管理されていても禁止されていません」と彼はPokdarwisの副首長、I Wayan Wismargiを伴って言った。 Jero Kasumaは、昨年からPokdarwisのメンバーに属する人々が森林の持続可能性を見て変化し始めたことを明らかにしました。主に農家やロックディガーとして働く人々は、今や森林環境の清浄度を維持することの重要性を認識し始めています。 「この開発の最初のアイデアは、機能強化を行うことです。このように、人々は観光客になるだけでなく、観光について知っています」と彼は言った。 より多くの訪問者を引き付けるために、彼は施設を開発して追加します。計画通りに、ホームステイ、文化的な舞台、食堂、その他のフォトスポットが作られます。彼は、Ampupu Kembarでの観光を楽しむために、訪問者は一人当たり10,000ルピアの入場券を請求されるだけであると付け加えました。この金額のうち、5,000ルピアがBKSDAに支払われ、残りはPokdarwisが観光物の開発のために管理しています。 一方、ドイツからの観光客の一人、スヴェンニッケルは、彼がその自然な雰囲気のためにAmpupu Kembarを訪問して満足していると認めました。彼の妻と2人の子供と一緒に来て、彼は本当にAmpupu Kembar地域の空気がとても新鮮であると主張して楽しんだ。 (BTN/kmb)

    Badung
    ジンバランビーチ:シーフード料理の目的地、白砂と夕焼け

    ジンバランビーチ:シーフード料理の目的地、白砂と夕焼け

    Mangupura – バリ島にはそれぞれ独自の特徴を持つビーチがたくさんあります。クタビーチ、ドリームランドビーチ、スルバンビーチなど、観光客が自由にサーフィンを楽しめるビーチがあります。他にも、タンジュンベノアビーチやサヌールビーチなど、さまざまなウォータースポーツを楽しめるビーチがあります。他のビーチでは、日の出と日の入りを見ることができます。 南クタ、バドゥンのジンバランビーチは、夕日の景色を眺めながらリラックスできる有名なビーチで、ビーチ周辺のレストランでおいしいシーフード料理を楽しめます。それで、ビーチリゾートであることに加えて、ジンバランビーチはまた、特に焼き魚やイカなどのためにおいしい食べ物を食べる目的地として人々によってしばしば推奨されるバリの料理の観光地の1つになります。 南クタ地区の有名な観光村のひとつ、ジンバラン村にあります。ジンバランビーチは南端のムアヤビーチと北端のケドンガナンビーチに接しています。その場所はクタエリアに残っているので、ジンバランビーチへのアクセスはとても簡単で、デンパサールまたはサヌールのどちらからもクタビーチから近くです。 素晴らしい昼食や夕食に贅沢になるために、このビーチは彼らが2つのダイニングエリア、すなわち屋内と屋外を持っている訪問者のオプションであるに値する。夕日を眺めながらディナーを楽しみたい場合は、屋外エリアを選択してください。しかし、それは常に観光客でいっぱいですので、あなたは最初にカフェを予約する必要があります。 夕食には、日が沈み始めると皿は一般的に準備ができています。鯛のグリル、ムール貝のグリル、イカのサテ、スパイシーソース添えの水ほうれん草とカリカリの揚げハタがテーブルに提示され始めました。きっと、ご飯の入ったかごと3種類の調味料が補充されます。さあ、食べる時間です。 それから飲み物のために訪問者はミネラルウォーター、フルーツジュースまたは若いココナッツのような選択を選ぶことができる。すべてが新鮮で、既存のシーフード料理と共に提供されるのに適しています。食事の終わりに、我々はデザートのためにフルーツプレートの形で追加のボーナスを与えられる。召し上がれ! 価格に関しては、それは確かに中流階級から上流階級を対象としていると言えるでしょうが、それはこの料理の冒険で得られた経験に匹敵します。ビーチで夕日を眺めながらのロマンチックなディナーはきっととても特別になるでしょう。 (BTN/014)

    Art and Culture
    60年間のインドネシアと日本の友情

    60年間のインドネシアと日本の友情

    PASEMETONAN DENPASAR FUKUOKA、60人のインドネシア日本友好会のお祝いをデンパサールで開催。 このセレブレーションを通じて、日本とインドネシアは、特定のバリで、すべての卓越性と損失の損失を完全に満たし、交換することが期待されています。

    Art and Culture
    響く沖縄三線の音色 − 2019年バリ芸術祭

    響く沖縄三線の音色 − 2019年バリ芸術祭

    Denpasar – 6月20日、13人の女性が色鮮やかな着物をまとい、アートセンターのアヨーディア・ステージに立った。2人の男性は無地の紺色の着物を身に付けている。彼らは東京下町入谷・沖縄三線教室に所属する三線の演奏者である。 ゆっくりと全ての演奏者がそれぞれ三線を手にし、今回で41回目となるバリ芸術祭にて大勢の観客を前に民謡を披露した。三線は沖縄の弦楽器であるが、その起源は中国の三弦とされ、16世紀頃に日本の南西諸島に伝わったと言われる。この楽器には3本の弦があり、胴に張られているのは蛇皮である。三線の演奏家たちは直接弦を弾くのではなく、人差し指の先に付けたバチを使う。 弾かれる弦とともに、「繁昌節」や「豊節」、「十九の春」といった伝統曲の美しい音色が響き渡った。日本の伝統音楽を伝える三線であるが、現代音楽とも幅広く共演し、話題となっている。このバリ芸術祭の舞台では、東京下町入谷・沖縄三線教室の演奏者が、デンパサールのスニ・クンバン・ワル楽団と共演した。 「あがろーざ節」は、リンディックと呼ばれる竹製のガムランとの合奏で表現され、続いて「浜千鳥」は、竹笛とルバブと呼ばれる二弦の擦弦楽器との合奏にて、そして「月ぬ美しゃ」は鍵盤楽器であるグンデル・ランバットと合わせつつ演奏された。「安里屋ユンタ」と「新デンサー節」は、古楽に属するガムラン・スマル・プグリンガンとの合奏で披露された。 芸術祭では18ほどの楽曲が演奏され、聴衆を魅了した。そのなかでも「加那ヨー節」は故イ・クトゥッ・スウェントラ氏へ哀悼の意を表して演奏された。数年前にジェゴグ(大型竹ガムラン)との共演案が持ち上がったものの、残念ながらスウェントラ氏が神に召されたため実現することはなかった。この曲は、教室の講師である古里友香氏によって歌われた。 芸術祭開演の際には、日本の総領事より歓迎の挨拶が述べられた。バリと同様に、沖縄にもまた美しい自然と独特の芸能文化が残されている。東京下町入谷・沖縄三線教室の一行は、伝統音楽や唄といった沖縄の文化や芸能を積極的に紹介している。その活動は日本国内に止まらず、世界で展開されている。三線とバリのガムランの共演には、日本社会とバリをはじめとするインドネシア社会の相互理解を深め、友好関係をより強固なものにすることが期待されている。 スニ・クンバン・ワル楽団代表のイ・クトゥッ・ラディタ氏は、三線とバリのガムランの異なる特徴について述べた。第一にテンポが異なり、バリの音楽はより力強さをもつ。その一方で、日本の音楽はフラットである。しかし、これは問題ではなく、訓練によって調整できるとした。 ラディタ氏によれば、研修は3ヶ月に及ぶという。芸術祭が終わった後も楽団ではバリの芸能や文化を学ぼうとする日本人を受け入れている。家庭や職があるのかは不明だが、バリに住む日本人が空き時間を利用し、練習するのだという。 その最小限の機能を評価し、彼らの多くがリンディックやグンデル・ワヤンを好んで演奏する。ここで学ぶ生徒もまた東京下町入谷・沖縄三線教室とスニ・クンバン・ワル楽団との共演に参加した。(リンドラ・デヴィタ/バリ・ポスト)

    Art and Culture
    よさこいとバリ舞踊のコラボレーションパフォーマン

    よさこいとバリ舞踊のコラボレーションパフォーマン

    Denpasar – スが活発化 それは創造的で革新に満ちています。国際交流基金の優秀な青少年の支援を受けたさくら囲いプロジェクトは、バリ芸術祭(41st PKB)において非常に素晴らしいものです。ショーが始まるずっと前に、舞台芸術のための場所としてのKsirarnawa建物は熱心な聴衆によって完全に満たされました。 座席に着かなかった多くの観客は、ショーの終わりまで喜んで立っていなければなりません。 よさこいおどりは、通常日本の夏祭りで行われるマスダンスです。色とりどりの浴衣姿で和服を着ている子供たちの支援です。 ダンス振付家アナクAgung Gde Tugus Adi Iswara Manderaによって言われるように。 彼は2019年のPKBで、提供されたよさこいダンスは実際にはよさこいのダンスとは少し異なると述べた。 Tugusが取り組んだバリのダンスブレスがあります。 目的は調和のとれたコラボレーションを作成することです。 ngayahの概念の類似性は神と祖先への誠実な供物として解釈されます、それは2つの異なるタイプの踊りをまとめるための基礎です。 よさこいの踊りは3回に分けられます。 1つ目はDewa Windのアクション、2つ目はLightning(Kaminari)の神の魅力、そして3つ目はDewi Sunの魅力です。 3つのアトラクションには魅力があります。最初のWind GodはSMAN 1 UbudのAlunan Angin、State PolytechnicのタイトルはIrama Angin、そしてSMAN 8 DenpasarはSemilir Bumi Bumiという名前のサブトラクションです。 Dewa Petir(Kaminari)へのオファーの2番目の魅力は、Rumble ThunderのあるSaraswati…

    News
    日本領事館がナルヒトの戴冠式を祝福する機会を人々に提供します

    日本領事館がナルヒトの戴冠式を祝福する機会を人々に提供します

    2019年5月1日、新しい日本皇帝ナルヒトが正式に彼の父親、アキヒトの代わりに王位を獲得した。 ナルヒトの戴冠式と「レイワ」帝国時代の始まりを連ねた、デンパサールの日本総領事館は、より広い地域社会が彼の名前とサインをお祝いの本に載せることによって彼を祝福する機会を開きました。